シャンプーを薄めるのはNG?薄められないシャンプーに注意

シャンプーは毎日使う日常品ですし、少しでも長く使えるように、数プッシュずつ使うなどの節約をしている人も多いのでは無いでしょうか?

そしてシャンプー薄める人もいるのでは無いでしょうか?

しかしシャンプーに水を入れて量を増やすって髪の洗浄力はどうなの?といった事が気になりますよね。

この記事ではシャンプーを薄めて使用した場合のメリットやデメリットと注意点を紹介していきたいと思います。

 

シャンプーを薄めた時のメリット&デメリット

シャンプーを薄めることによるメリットとしましては、シャンプーの量が増えるので長く使えるといったことでしょう。その他、洗浄力が弱まるといったメリットもあります。

洗浄力が弱まったらシャンプーの意味無くない?

と思われる人もいるかと思いますが、洗浄力が強いシャンプーは皮脂を余分に落としてしまうというデメリットがあるんです。皮脂を余分に落としてしまうと、頭皮の痒みやフケが生じる原因にもなります。

ですから、シャンプーを薄める事で適度な洗浄力のあるシャンプーに調整することが出来ます。ただし、シャンプーに水を入れすぎると薄すぎて全然泡立たないといった事に悩まされるかもしれません。

 

シャンプーを薄めることによってのデメリットとしましては、ボトル内で雑菌が増殖しやすくなってしまうという点です。雑菌は高温多湿を好み増殖してきますのでお風呂場は絶好の雑菌スポットとなるわけです。薄めると使い切るまで数ヶ月はかかってしまいます。数ヶ月前の水で頭を洗うと考えただけでも頭が痒くなってしまいますね…

この対策としましては、直接ボトルに水を入れて薄めるのではなく、使う分だけを薄めて使用するのが効果的でしょう。洗面器などに少量のシャンプーを入れ、水を加え薄めて使用するのが衛生的に安全なシャンプーの薄めた使い方と言えるでしょう。

 

薄められるシャンプーと薄められないシャンプー

シャンプーは様々な種類のシャンプーがあり、洗浄効果が高いものや低いものなど色々な種類があります。

中でも石油系シャンプーや石鹸系シャンプーは洗浄効果が強い傾向にあるため、頭皮や髪の毛に余計に刺激を与えてしまう恐れがあります。石油系シャンプーや石鹸系シャンプーは薬局やドラッグストアで売っているほとんどのシャンプーが当てはまりますのでご注意ください。

他にアミノ酸系シャンプーもありますが、こちらは洗浄力が弱く、刺激も少ないため、薄めて使用するのには適しません。アミノ酸系シャンプーは刺激を抑えることに特化した物が多く、オーガニック素材や、防腐剤不使用といったものが多く、石油系・石鹸系シャンプーに比べて雑菌に弱い傾向がありますので、水で薄めて使用するのは避けた方がいいでしょう。

 

シャンプーが合わないとどうなる?~頭皮のSOSを見逃さない為に~

突然ですが、シャンプーに拘っていますか?

  • 薬局に売っている安いシャンプーで済ませている
  • 貰い物のシャンプーを使っている
  • 昔買ったシャンプーをリピートして買い続けている

といったような人も多いのでは無いでしょうか?

お使いのシャンプーで”頭皮が痒くなった”といった事は起きていないでしょうか?それはあなたの頭皮に合わないシャンプーである可能性があります。

毎日使うシャンプーですので、そのままにしておくと悪化して痒みだけでは収まらなくなってしまう恐れがあるんです。

この記事ではシャンプー合わないかどうかといった事をチェック出来る内容となっています。

 

シャンプーが合わないとどんな事が起こる?

シャンプーが合わないかどうかは実際に使ってみなければ分かりません。アレルギーをお持ちの方でしたら、シャンプーの配合成分を見て判断は出来ますが、普通の方は実際に使って見なければ、成分や刺激などの判断が付きませんので、まずは1度使って見る必要があります。

肌に合わなければ何かしら身体に異常が起き、拒否反応(SOS)を起こします。

では、どのような症状として拒否反応が起こるのでしょうか?

  • 痒み
  • フケ
  • 抜け毛

といった症状として現れる場合があります。

 

わかりやすい症状は頭皮の痒みです。新しく使い始めたシャンプーはなれるまで数日は痒みが出る場合がありますが、痒みが続くようでしたら頭皮に合っていない可能性が考えられます。

 

フケは誰しもが起こる生理現象の1つです。しかし通常はサイズが小さく見えに見えないのがほとんどなのですが、これが目に見えるようなサイズのフケが出てきた場合にはシャンプーが合わない可能性があります。洗浄力が強いシャンプーですと必要な頭皮の皮脂まで余分に奪われてしまい乾燥などによる肌トラブルが起きる場合があります。(逆に脂性肌の人もフケが出る場合があります)

 

抜け毛も誰しもが起こる生理現象でありますが、大量の抜け毛や痒みと一緒に抜け毛が起きている場合はシャンプーが合わない可能性が考えれます。抜け毛の原因にはホルモンバランスの影響や睡眠不足などもあるため、一概にシャンプーが原因とは言えないのが難しい判断でもあります。

 

シャンプーが合わない場合どうすればいい?

ここまでシャンプーが合わない症状をお伝えしてきましたが、

  • 痒み
  • フケ
  • 抜け毛

といったシャンプーが合わない症状が出てしまった場合はどのような対策をすればいいでしょうか?

シャンプーが合わない原因のほどんどが、シャンプーの洗浄力が合わないというものです。

シャンプーの洗浄力は様々で刺激も色々なものがありますので、自分の頭皮に合ったシャンプーを使う必要があります。

乾燥肌の人のシャンプーは?

乾燥肌の人は頭皮も乾燥している可能性があります。乾燥肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうと、フケを増やしてしまったり頭皮に刺激を与えてしまいます。

乾燥肌の人は洗浄力が弱いシャンプーを使うことをおすすめします。

シャンプーには

  • 石油系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

といったものがありますが、アミノ酸系のシャンプーは刺激が少なく乾燥肌の人や敏感肌に人にもオススメです。

アミノ酸シャンプーで必要な皮脂を余分に洗い落とさない事で乾燥によるフケを防ぎます。

 

脂性肌の人のシャンプーは?

敏感肌に人が出るフケはベタッとしている特徴があります。この場合は皮脂が落としきれずに起きている可能性が考えられますので、洗浄力が強めのシャンプーを使うのがいいでしょう。

育毛シャンプーやオーガニックシャンプーやアミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱い事がほとんどですので、石油系や石鹸系のシャンプーの使用がオススメです。

毛穴に詰まった皮脂をしっかりと落とすことで脂性肌によるフケを防ぎます。

 

髪がきしまないノンシリコンシャンプーはどれ?

髪の毛はサラサラヘアーが良いですよね!

サラサラヘアーにすることが出来るシャンプーであるシリコンシャンプーは人気ですが、髪の毛のダメージを改善しようと思うと、シリコン入りのシャンプーは避けた方が懸命でしょう。

しかしシリコンが入っていないと”髪がきしむ”といった事が生じてしまいます。

ですがノンシリコンシャンプーでも、髪がきしむシャンプーもあれば、きしまないシャンプーもあるのです。

多くのノンシリコンシャンプーの中からどれを選べば髪の毛はきしまないで済むのかを紹介していきたいと思います。

 

髪がきしまないシャンプーとは?

では髪がきしまないシャンプーとはどういったシャンプーなのでしょうか?

髪の毛がきしむ主な原因は、髪の毛のダメージによるものです。

  • ヘアアイロン
  • カラーリング
  • パーマ

といったことでも髪の毛が痛む原因になりますが、シャンプーの洗浄力でも髪の毛を痛めてしまうこともあるのです。

ですのでシャンプーを変えてみるもの1つの手でもあります。

髪の毛の傷まない洗浄力が高くないシャンプーはどれか?

それが”アミノ酸シャンプー”です。

アミノ酸系の洗浄成分を配合したアミノ酸系シャンプーは様々な特徴があります。

  • アミノ酸は髪の毛を構成する成分でもあるので刺激が少ない
  • 洗浄力が強くないので必要な油分を髪に残す事ができるので髪が傷みづらい
  • キューティクルが開きにくいのできしむのを防ぐ

このように、アミノ酸シャンプーは髪や頭皮に優しい成分でつくられているのが特徴的です。

 

ノンシリコン&アミノ酸シャンプー|きしまずに綺麗な髪に

ノンシリコンシャンプーのメリットとしましては、

  • 髪や頭皮が荒れることが少ない
  • 髪の毛にハリやコシが生まれる
  • 洗い上がりがさっぱりとする
  • カラーやパーマがかかりやすい
  • 髪の毛の内部の傷みを改善することができる

といった事があげられます。

反対にデメリットとしましては、髪の毛がきしみやすいといった事が挙げられます。

シリコンは髪の毛の肌さわりを良くする為に潤滑剤として配合されている成分でもありますので、髪の毛はきしみやすくなってしまいます。

そこでアミノ酸シャンプーがオススメなのです。

 

髪の毛を短期的に綺麗にしたいのでしたらシリコン入りのシャンプーの使用をおすすめします。髪の毛の表面をコーティングして綺麗に見せることが出来るからです。

しかし髪の毛の内部の傷みを改善するためにはシリコンは使ってはいけません。ダメージ補正成分が髪内部に浸透しないのと、髪本来の修復機能を発揮出来ないからです。

髪の毛を長期的に綺麗に見せたいと考えているのでしたらノンシリコンシャンプーの使用をオススメします。

 

以上のことから、髪の毛の傷み(きしみ)に悩んでいるのでしたら、ノンシリコン&アミノ酸シャンプーを使ってみるのがいいかもしれませんね。

アミノ酸シャンプーの選び方とコツ{成分には要注意}

前回の記事ではアミノ酸シャンプーの特徴(メリット・デメリット)を解説しましたが、アミノ酸シャンプーを実際に使おうと思っても、色々な種類のアミノ酸シャンプーがあり、どれを選べばいいかわかりませんよね?

そこで今回の記事ではアミノ酸シャンプー選び方とコツを紹介していきます。

アミノ酸シャンプーの成分を確認

まず初めに抑えておきたいのが、どのアミノ酸洗浄成分を使用しているか?ということです。

シャンプーの後ろの成分表示は多く配合されている順に記載されていますので、どのアミノ酸洗浄晴雨分が多く配合されているか確認してみてください。(複数のアミノ酸洗浄成分が配合されている場合もあり、多くのアミノ酸洗浄成分が配合されているシャンプーほど高品質といえます)

アミノ酸シャンプーといっても様々な修理のアミノ酸洗浄成分があり、特徴も変わってきます。

ここではされぞれのアミノ酸洗浄成分の特徴や効果について紹介していきます。

メチルアラニン

メチルアラニン系のアミノ酸洗浄成分は、低刺激と洗浄力を両立したハイブリット的な成分です。アミノ酸成分は洗浄力が弱いと言われていますが、このメチルアラニンは他のアミノ酸成分に比べて洗浄効果が高いと言われています。

そして弱酸性なので低刺激でもあります。洗浄力が良く肌にも優しいいいところずくしですが、価格が高い傾向にあるのがデメリットでもあります。

ココイル

泡切れが良くさっぱりとしたアミノ酸成分です。ザ・アミノ酸成分と言われるように、洗浄力が控えめで髪にボリュームが出しづらい特徴があります。

ベタイン

洗いあがりはしっとりとした仕上がりで、髪のコンディションが維持しやすい特徴があります。髪の毛に残りやすい特徴もありしっかりとすすぐ必要があります。

 

他の洗浄成分にも注目!

アミノ酸シャンプーは洗浄力の低さから、アルコール系洗浄成分を配合してアミノ酸シャンプーとして販売しているものも多いため注意が必要です。

アミノ酸シャンプーの表記には明確な決まりがなく、少しでもアミノ酸成分が配合されていればアミノ酸シャンプーと名乗る事が出来てしまいます。

それは「アミノ酸シャンプー」はなく「アミノ酸配合シャンプー」となってしまい、アミノ酸シャンプーとな全く別のものになってしまいます。

 

他の配合成分にも注目

アミノ酸シャンプーは、

  • 頭皮環境を良くする
  • ダメージを受けた髪を改善する

といったお悩みに使用されているシャンプーですが、その他にも髪や頭皮のお悩みを解決できる成分が配合れています。

  • 抜け毛&育毛対策には、育毛成分が配合されたシャンプー
  • 髪のパサつきには、美髪成分が配合されたシャンプー
  • 仕上がりをよくするなら、シリコンが配合されたシャンプー
  • フケを改善するには、パラベンフリーのシャンプー

など様々な悩みを改善できるのもアミノ酸シャンプーの魅力でもあります。

シャンプーの使用期限は何日?期限切れのシャンプーを使うとどうなる?

シャンプーは誰でも毎日使う日用品ではありますので、すぐ無くなるものでもあります。ですからシャンプー使用期限など考えた事ない人も多いかと思います。

ですが長期期間使用しなかったシャンプーを使おうと思ったケースが出てくるかもしれませんし、古くなったシャンプーを使用する機会もあるかもしれません。

そこでこの記事ではシャンプーの使用期限いついて解説していきたいと思います。

シャンプーの使用期限は記載されていない!

シャンプーの使用期限なんてシャンプーの裏に書かれているのを見ればいいじゃんと思った人もいるかと思いますが、実はシャンプーの使用期限は記載されていないのです。

なぜ使用期限が記載されていないのでしょうか?

それは薬事法により”3年以上品質を保持できるものには期限を記載しなくても良い”とされているからです。

ですからシャンプーは3年以上の保存がきくため使用期限が記載されていないのです。

ですが、使用期限が記載あるシャンプーも存在します。

  • 天然素材のシャンプー
  • オーガニックシャンプー
  • 保存料・防腐剤不使用のシャンプー

といったものが使用期限が記載されている場合があります。

通常のシャンプーの3年以上は品質が保持できないため、念の為シャンプーの使用期限の記載は見ておいた方が良いでしょう。

 

開封前と開封後の使用期限は異なる!

シャンプーは3年以上の品質を保持できるから、開封後でも3年以上使えると思われがちですが、違います。

開封前でしたら3年以上は持ちますが、開封後はお湯や空気に触れることになりますので3年といった使用期限は適用されません。

開封後の使用期限は半年から1年と言われていますが、お風呂場の保存環境によって前後します。

 

シャンプーの正しい保存方法とは?

シャンプーの品質を保つには保存方法に注意しなくてはなりません。

  • 開封前のシャンプーは、高温多湿を避けて直射日光の当たらない場所で保存。お風呂場に置いておくのは絶対にやめましょう。
  • 開封後のシャンプーは、できれば1回1回お風呂場から出して保存するのがベストですが、面倒な場合はお風呂場の除湿だけは行ってください。開封後のシャンプーは水や空気が入り込み雑菌が増殖しやすい環境になっていますので要注意です。

 

期限が切れたシャンプーは使わない方が良い

通常はシャンプー購入後3年も保管しておくということは無いかと思いますが、まとめ買いをした方は長期間の保管もあり得るかと思います。

流石に3年も保存はしないよと思うかもしれませんが、オーガニックシャンプーや無添加シャンプーは使用期間が短いため、期限が切れる場合があるかと思います。

しかし、期限が切れたシャンプーといっても、”たかがシャンプー”だと思い使用するのはおすすめできません。

  • 期限が切れた開封前のシャンプーは、シャンプーの色味や匂いや分離の有無を確認してください。異常を感じた場合は使用するのは控えてください。
  • 期限が切れた開封後のシャンプーは、水分や空気によりシャンプーボトル内で雑菌が増えている場合がありますので使用は控えた方が良いかと思います。

もし使用期限が切れたシャンプーを使用すると、頭皮に痒みや湿疹などの頭皮トラブルに悩まされるかとになるかもしれません。

アミノ酸系シャンプーとは?メリット&デメリットを解説

アミノ酸系シャンプーって何?

最近よく聞くアミノ酸系シャンプー。市販でも見られる事が多く、ちらほら聞くのは、髪に優しいということ。

最近髪の毛が傷んできたから髪の毛に優しいのは嬉しいななどとおもっている私ではありますが、アミノ酸シャンプーメリットデメリットが気になるところです。

  • 他のシャンプーに比べて何が違うのか?
  • どんな効果が期待できるのか?

といった事を紹介していきたいと思います。

シャンプーには色々な種類がある

まずはシャンプーには色々な種類があるということをご存知でしょうか?

薬局などに足を運ぶとズラ~っと様々な種類のシャンプーが並んでいますよね。

これらシャンプーの何が違うのか?

シャンプーは大きく分けて3つの種類に分類することができます。

  • アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

これらシャンプーの違いは、洗浄成分による違いです。何の成分を主な洗浄成分として使っているかの違いになってきます。

アルコール系は、石油系界面活性剤を使用したシャンプーで、洗浄力が強く皮脂が多い方にはおすすめですが、洗浄力の強さにより頭皮や髪に刺激を与えます。

石鹸系は、天然成分で作られたシャンプーですが、こちらも洗浄力が強く頭皮や髪に刺激を与えます。

アミノ酸系は、アミノ酸成分を使用したシャンプーで、洗浄力が弱く頭皮や髪に刺激を与えません。保湿力も高いのが特徴です。
 
アミノ酸シャンプーは他のシャンプーに比べて低刺激で安全性が高いと言えるでしょう。
 
このような成分が配合されていたらアミノ酸シャンプーです
  • ラウリン酸
  • ヤシ油脂肪酸
  • ココイルグルタミン酸

 

アミノ酸シャンプーのメリット

アミノ酸シャンプーに含まれる”アミノ酸”は、肌や髪の毛を構成している成分でもあります。肌と同じ成分のシャンプーを使用できるということは、身体に馴染みやすいという特徴もあるのです。

また、アミノ酸は保湿効果にも期待ができ、角質層の水分を保つ働きがあります。乾燥肌の人にも効果的でしょう。

また、アミノ酸はコラーゲンを作る成分でもありますので、頭皮環境を整える効果にも期待が出来ます。

 

アミノ酸シャンプーのデメリット

そんなメリットだらけに見えるアミノ酸シャンプーですが、デメリットも存在します。

それが次のようなことです。

  • 洗浄力が弱い
  • 泡立ちが良くない
  • 値段が高い

アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱く低刺激なのが特徴ではありましたが、シャンプーは洗浄力が大事ですよね。アルコール系や石鹸系シャンプーを普段から使っている方には、アミノ酸シャンプーの洗浄力は物足りないかもしれません。そういった場合は2度洗いをするなどして対策が出来ます。

そしてもう一つは泡立ちが良くないものもあるということです。ただこれに関しては商品によりきりといった事が多く、泡立ちをよくするために天然成分を配合しているシャンプーもありますので、デメリットとは言えないでしょう。(守り髪というアミノ酸シャンプーは泡立ちが良いと好評です)

最後のデメリットは値段が高いということです。薬局で売られているシャンプーは石鹸系やアルコール系のものがほとんどで安価で購入出来ますが、アミノ酸シャンプーはそれらのシャンプーの10倍近くの値段になっている場合があります。(最近ではネット限定商品にして値段を下げて販売しているものも多く見られます)

 

アミノ酸シャンプーは、

  • 頭皮環境を整える
  • ダメージを受けた髪の毛を改善させる

といった際に使用されるシャンプーです。

年齢を重ねていくにつれパサパサになった髪の毛をアミノ酸シャンプーで改善してみてはいかがでしょうか?