アミノ酸シャンプーの選び方とコツ{成分には要注意}

前回の記事ではアミノ酸シャンプーの特徴(メリット・デメリット)を解説しましたが、アミノ酸シャンプーを実際に使おうと思っても、色々な種類のアミノ酸シャンプーがあり、どれを選べばいいかわかりませんよね?

そこで今回の記事ではアミノ酸シャンプー選び方とコツを紹介していきます。

アミノ酸シャンプーの成分を確認

まず初めに抑えておきたいのが、どのアミノ酸洗浄成分を使用しているか?ということです。

シャンプーの後ろの成分表示は多く配合されている順に記載されていますので、どのアミノ酸洗浄晴雨分が多く配合されているか確認してみてください。(複数のアミノ酸洗浄成分が配合されている場合もあり、多くのアミノ酸洗浄成分が配合されているシャンプーほど高品質といえます)

アミノ酸シャンプーといっても様々な修理のアミノ酸洗浄成分があり、特徴も変わってきます。

ここではされぞれのアミノ酸洗浄成分の特徴や効果について紹介していきます。

メチルアラニン

メチルアラニン系のアミノ酸洗浄成分は、低刺激と洗浄力を両立したハイブリット的な成分です。アミノ酸成分は洗浄力が弱いと言われていますが、このメチルアラニンは他のアミノ酸成分に比べて洗浄効果が高いと言われています。

そして弱酸性なので低刺激でもあります。洗浄力が良く肌にも優しいいいところずくしですが、価格が高い傾向にあるのがデメリットでもあります。

ココイル

泡切れが良くさっぱりとしたアミノ酸成分です。ザ・アミノ酸成分と言われるように、洗浄力が控えめで髪にボリュームが出しづらい特徴があります。

ベタイン

洗いあがりはしっとりとした仕上がりで、髪のコンディションが維持しやすい特徴があります。髪の毛に残りやすい特徴もありしっかりとすすぐ必要があります。

 

他の洗浄成分にも注目!

アミノ酸シャンプーは洗浄力の低さから、アルコール系洗浄成分を配合してアミノ酸シャンプーとして販売しているものも多いため注意が必要です。

アミノ酸シャンプーの表記には明確な決まりがなく、少しでもアミノ酸成分が配合されていればアミノ酸シャンプーと名乗る事が出来てしまいます。

それは「アミノ酸シャンプー」はなく「アミノ酸配合シャンプー」となってしまい、アミノ酸シャンプーとな全く別のものになってしまいます。

 

他の配合成分にも注目

アミノ酸シャンプーは、

  • 頭皮環境を良くする
  • ダメージを受けた髪を改善する

といったお悩みに使用されているシャンプーですが、その他にも髪や頭皮のお悩みを解決できる成分が配合れています。

  • 抜け毛&育毛対策には、育毛成分が配合されたシャンプー
  • 髪のパサつきには、美髪成分が配合されたシャンプー
  • 仕上がりをよくするなら、シリコンが配合されたシャンプー
  • フケを改善するには、パラベンフリーのシャンプー

など様々な悩みを改善できるのもアミノ酸シャンプーの魅力でもあります。