シャンプーが合わないとどうなる?~頭皮のSOSを見逃さない為に~

突然ですが、シャンプーに拘っていますか?

  • 薬局に売っている安いシャンプーで済ませている
  • 貰い物のシャンプーを使っている
  • 昔買ったシャンプーをリピートして買い続けている

といったような人も多いのでは無いでしょうか?

お使いのシャンプーで”頭皮が痒くなった”といった事は起きていないでしょうか?それはあなたの頭皮に合わないシャンプーである可能性があります。

毎日使うシャンプーですので、そのままにしておくと悪化して痒みだけでは収まらなくなってしまう恐れがあるんです。

この記事ではシャンプー合わないかどうかといった事をチェック出来る内容となっています。

 

シャンプーが合わないとどんな事が起こる?

シャンプーが合わないかどうかは実際に使ってみなければ分かりません。アレルギーをお持ちの方でしたら、シャンプーの配合成分を見て判断は出来ますが、普通の方は実際に使って見なければ、成分や刺激などの判断が付きませんので、まずは1度使って見る必要があります。

肌に合わなければ何かしら身体に異常が起き、拒否反応(SOS)を起こします。

では、どのような症状として拒否反応が起こるのでしょうか?

  • 痒み
  • フケ
  • 抜け毛

といった症状として現れる場合があります。

 

わかりやすい症状は頭皮の痒みです。新しく使い始めたシャンプーはなれるまで数日は痒みが出る場合がありますが、痒みが続くようでしたら頭皮に合っていない可能性が考えられます。

 

フケは誰しもが起こる生理現象の1つです。しかし通常はサイズが小さく見えに見えないのがほとんどなのですが、これが目に見えるようなサイズのフケが出てきた場合にはシャンプーが合わない可能性があります。洗浄力が強いシャンプーですと必要な頭皮の皮脂まで余分に奪われてしまい乾燥などによる肌トラブルが起きる場合があります。(逆に脂性肌の人もフケが出る場合があります)

 

抜け毛も誰しもが起こる生理現象でありますが、大量の抜け毛や痒みと一緒に抜け毛が起きている場合はシャンプーが合わない可能性が考えれます。抜け毛の原因にはホルモンバランスの影響や睡眠不足などもあるため、一概にシャンプーが原因とは言えないのが難しい判断でもあります。

 

シャンプーが合わない場合どうすればいい?

ここまでシャンプーが合わない症状をお伝えしてきましたが、

  • 痒み
  • フケ
  • 抜け毛

といったシャンプーが合わない症状が出てしまった場合はどのような対策をすればいいでしょうか?

シャンプーが合わない原因のほどんどが、シャンプーの洗浄力が合わないというものです。

シャンプーの洗浄力は様々で刺激も色々なものがありますので、自分の頭皮に合ったシャンプーを使う必要があります。

乾燥肌の人のシャンプーは?

乾燥肌の人は頭皮も乾燥している可能性があります。乾燥肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうと、フケを増やしてしまったり頭皮に刺激を与えてしまいます。

乾燥肌の人は洗浄力が弱いシャンプーを使うことをおすすめします。

シャンプーには

  • 石油系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

といったものがありますが、アミノ酸系のシャンプーは刺激が少なく乾燥肌の人や敏感肌に人にもオススメです。

アミノ酸シャンプーで必要な皮脂を余分に洗い落とさない事で乾燥によるフケを防ぎます。

 

脂性肌の人のシャンプーは?

敏感肌に人が出るフケはベタッとしている特徴があります。この場合は皮脂が落としきれずに起きている可能性が考えられますので、洗浄力が強めのシャンプーを使うのがいいでしょう。

育毛シャンプーやオーガニックシャンプーやアミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱い事がほとんどですので、石油系や石鹸系のシャンプーの使用がオススメです。

毛穴に詰まった皮脂をしっかりと落とすことで脂性肌によるフケを防ぎます。